不妊治療において、日本の体外受精実施数が年間24.2万件で ”世界最多”。

クローバー

体外受精の実施数が、年間24万2000件(日本産科婦人科学会調べ)の日本。
この数字は、世界最多だそうです。

(以下、女性セブン2013年7月11日号より引用)

2010年の国立社会保障・人口問題研究所の調べによれば、不妊の検査や治療を受けたことのある夫婦は「6組に1組」。
1990年代には「10組に1組」だったので、約1.7倍になった計算だ。

体外受精の実施数は、年間24万2000件(日本産科婦人科学会調べ)で世界最多だった。
不妊治療専門クリニックは全国でおよそ600。
2位のアメリカは400あまりなので、約1.5倍もある。

世界各国の成功率を比較した調査では、採卵1回あたりの出産の割合は、アメリカが38%、世界平均が26%であるのに対し、日本は18%だった。
男女両方への不妊治療を指導している木場公園クリニック(東京・江東区)院長の吉田淳さんも、14年前に開院したときに比べ、40才前後の患者さんが増えたという。

「体外受精や顕微授精などの高度生殖医療を行う人に限れば、平均年齢は確実に40才を超えます。多くのご夫婦が、“年齢が上がると妊娠しづらくなる”ことを知らない場合が多いですね」(院長 吉田さん)

参考サイト
NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です