男性不妊に考えられる原因をまとめてみました。

男性 不妊

男性 不妊

男性に原因がある場合の男性不妊。

環境ホルモンの影響?男性不妊が増えているという事実。

 

精子の数が減少傾向にある?

50年前は精子1mlあたりおおよそ1億個であった精子の数が、現在は
4~5千万個にまで減少したということがいわれます。

なぜでしょうか?
この現象に強く起因すると言われているのが環境ホルモンです。
環境ホルモンは、「内分泌撹乱化学物質」と呼ばれ、化学物質の中に
含まれます。

体内において抗テストステロン作用を引き起こすといわれます。
男性の生殖機能や性衝動を引き起こすテストステロンの作用は妊娠に
とってとても重要な役割をはたします。
でも、これを環境ホルモンが抑えてしまいます。

これがEDや精子を作るための機能に障害をもたらすと共に、体内にお
いて活性酸素を増やし、精子の主成分であるたんぱく質や卵子との結
合に必要な酵素にも悪影響をおよぼし、精子の質を下げてしまう可能
性があります。

知りたいのは、これらの悪影響を及ぼす環境ホルモンが身の回りのど
んな化学物質に含まれているかということ。

 

環境ホルモン汚染が疑われている食品は意外と多い。

わたしたちは、日々の食事の中で自然にそれを口にしています。
環境ホルモン作用が疑われる化学物質は、残留農薬や添加物などの中
に含まれています。

ダイオキシンや農薬などが含まれる食べもの。
以下に食べる際の注意点をまとめました。

 

肉・魚 ‥ 脂肪をなるべく避け、魚は、うろこ、えら、内蔵は取り除く。
頭も切り取る。海の魚は塩水で、淡水魚は水でよく洗います。
調理時に熱湯をかけたりして、化学物質を取り除くといいでしょう。

野菜 ‥ 流水でよく洗って農薬分を流し、皮をむいて調理します。
葉物は外側の葉は調理に使わずに取った方がいいです。

缶ジュース ‥ 缶の内側をコーティングしているエポキシ樹脂の原
料ビスフェノールAが液体に溶け出している恐れがあります。
缶詰や缶飲料を積極的にとるのは避けましょう。

カップらーめん ‥ 熱湯を注ぐと、容器(発砲スチロール)から環
境ホルモン物質が溶け出すという報告があがっています。
食べたいのなら、一度陶器のどんぶりなどに中身を移し替えてから
お湯を注ぐようにするといいです。

コンビニ弁当 ‥ 特にポリスチレン製の容器に注意が必要です。
ポリエチレン、ポリプロピレン、ペット樹脂なら大丈夫。ラップも
ポリエチレン系なら安心です。これもカップらーめん同様、中身を
お皿にうつしてから食べるようにするといいでしょう。

 

どうでしょうか。
こうして見ると、普段の食事で身の回りにあふれているものばかり。

男性不妊の原因となる環境ホルモン、知識として知っておくことは
大事だと思います。
ですが、こんなにありふれていると、ちょっと恐ろしくなってしまい
ますね。

でも、神経質になりずぎるのも良くありません。

ご紹介した、ちょっとした工夫で環境ホルモンが疑われる科学物質
から身を守る方法、参考にしてみてください。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です