「妊活」が注目されています。30代後半の認知率は7割と多い結果に。

妊活女性

仕事も家庭も。そして妊娠も、自分らしい選択をしてイキイキと前向きに
生きる「妊活」に注目が集まっています。

(以下、日経ウーマンオンラインより抜粋)

トレンド総研が「妊活(妊娠活動)」に関する意識調査の結果を
発表。

子供が欲しいと思う25歳―44歳の既婚女性および結婚を予定して
いる女性500人に、「妊活」という言葉を見たり聞いたりしたことが
あるか尋ねたところ、63%が「ある」と答えた。特に30歳代後半の
認知率は高く、70%にのぼった。また、全体の77%が今後「妊活」
の重要性は高まると考えている。

子供をが欲しいと思う人の3分の2が妊娠に対する”情報不足”
半数近い49%は今後「妊活」を実践したいと思っているものの、
「妊活」を行うにあたり、妊娠に対する十分な情報があると思う
人は33%にとどまった。子供を欲しいと思っている人の3分の2が
妊娠に対する情報不足を感じているようだ。

妊娠に対する不安な気持ちがあるか尋ねたところ、94%が「ある」
と答えた。具体的には「仕事との両立に関する不安」(74%)、
「経済面に関する不安」(63%)と、外的な生活環境に関する不
安がトップ2を占め、「自身の年齢に関する不安」(53%)、
「赤ちゃんの健康に関する不安」(53%)、「出産後の育児に関
する不安」(50%)が続いた。

「子供を今は欲しいと思わないが、将来的には欲しい」と答えた割
合を年代別に比較すると、20歳代後半が44%、30歳代前半が34%、
30歳代後半が31%、40歳代前半が14%となり、30歳代後半の女性
でさえ3人に1人は子供を持つことを先送りにしている。
実際、妊娠に備えて何かしら取り組みを行っている人は全体の30%
にとどまった。

産婦人科医の宋美玄(ソン・ミヒョン)氏によると、現在、35歳以上で
初めての出産を迎える「高齢出産」は全体の25%にのぼるが、通常
37・38歳ごろを堺に妊娠率は急激に低下する。

今から、妊娠のために準備しておくことが重要?
高齢出産のリスクを正しく理解して女性自ら積極的に妊娠と向き合い、
「いざという時に支障をきたさないように妊娠のために準備しておく
ことが重要」だと宋氏は指摘している。

具体的には「検診を欠かさない」「気になることがあればすぐに医者
に相談する」ことを勧めている。

参考サイト
トレンド総研
http://www.trendsoken.com/


 

こちらの記事もどうですか?
卵子には寿命がある。いつか産めたら、では遅い?知らない女性も多い事実。
「妊活 いますぐはじめたい6つの習慣」妊活に少しでも興味を持ったら。
大学で「妊活」講座を。妊娠・出産学び人生設計を学ぶ。

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です