男性不妊と女性不妊?不妊についての捉え方、考え方の違い。

63

まだまだ、妊娠、不妊治療は女性の問題、という考えが多い。
不妊に対してのカップルの意識を共有させたいものですが‥。

男性の妊活への意識は、まだまだ低い。
不妊治療を必要とするカップルが増え続ける昨今、不妊の原因は女性にある、
そして妊娠するための行動、努力もまた、女性が頑張るものだ、という意識が
ほとんどだと思います。

でも、治療をして検査結果からわかるここ数年の実態は、”男性側に不妊の原因
がある場合が、女性不妊の割合とそう大きく変わらない” ということ。
不妊の原因の半数は、男性側にもあるといいます。

その検査結果の捉え方も、男性と女性では異なってきます。

女性は、不妊かも?と思い自主的に受けるわけなので、検査して自分に原因が
あるとわかっても、「頑張らなくちゃ」と前向きに考えることができます。
そのための不妊治療なわけですし。

でも、女性に連れていかれるままに検査を受け、結果、自分に原因があった。
そうなった場合、男性はショックで、大きな悩みとなってしまうのだそうです。

パートナーの女性に対して、申し訳ない、という気持ちになってしまう。
そして女性は、「パートナーの子どもが欲しい」という気持ちで頑張り続ける
ことができるのか。

実際は、「相手が違っていたらもっと早くに妊娠できていたのに‥」と考える
女性も多いようです。

なぜそう考えてしまうかというと、男性側に原因があるにも関わらず、産むの
は女性なので、実際の治療は女性の身体にかかる負担の方が大きいから。

そこで、「相手に原因があるのに、私ばかり頑張ってる」という気持ちが生ま
れてしまうらしいのです。

我が家は、どちらもこれといった原因はない、という結果です。
それでも、治療を始めてみるとほとんど私ひとりが通院している状態で、男性
の負担は軽いものなんだなぁ、といつも感じます。

これがどちらかに大きな原因があるとしたら、どうだっただろう?
もしも、夫側に原因がある、といわれていたら?
そう考えてみると、「何でわたしばっかり」と思わずにいられたかどうか自信
がありません。。。

実際にどちらかに不妊の原因があるとわかり、離婚になってしまうケースも少
なくないそうです。
そんなことを聞くと、胸が痛くなりますね。

でも、とてもデリケートな問題ですから、キレイゴトではいられないと思います。

妊活という言葉もここ数年認知されてますが、それもまだまだ女性だけの話。
男性が若いうちに、自分で病院に行ってみるなんてことはありえない、と思うの
です。

若いうちに異常に気づけば治療できるケースも多い。
男性不妊は、男性にとってもちろん大きな悩みです。
でも、気づくのが遅れると、原因のない妻の側が体外授精の治療など、負担を強
いられ、それが長い期間続いてしまっていた、ということもなりかねません。
そして、最終的に男性不妊に気付いた時のショックの方が大きいでしょう。

若いうちに異常に気づけば治療できるケースも多いとのこと。

その為には、パートナーの二人で、早めに最低限の必要な知識共有をすること。
そのうえで、「子どもが自分たちの人生に必要なのか」と、人生設計をたてられる
ことが必要なのだと思います。

{  参考BOOK  }

「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル

新品価格
¥1,470から
(2013/6/21 17:29時点)


 

こちらの記事もどうですか?
不妊の原因、なにがあるの?
妊娠したい!と思ったら、どんな順番で何をしたら良いのかをまとめてみました。
「きっかけ」が無いと産めない?子どもを産むということがむずかしい時代。

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です