夏の冷え性改善に。足湯で身体をほっこりあたためよう。

足湯

オフィスや家のクーラーで、身体が冷えていませんか?
冷えたなと思った日には、足湯で温めてあげましょう。

足湯は、昔から身体をあたためる温浴法のひとつとして広く知られます。
足湯(あしゆ)には、足湯(そくとう)と脚湯(きゃくとう)との二種類があります。

今回は、くるぶしくらいまでお湯につかる足湯をご紹介します。
主に、泌尿器系や耳・鼻の変動がある場合に用いると良いとされます。

カンタン!シンプル 足湯のやり方
1. まず、コップ1杯の水をのみます。
洗面器やバケツ等に、くるぶしが隠れるくらいのお湯をはります。
お湯の温度は、お風呂の温度よりも2~3℃高め(43℃~45℃くらい)が基本です。
まず両足を入れて6分間の足湯をします。

2. お湯から両足を出して、よく水気をふき、左右の足を見比べます。

3. 左右のどちらか、赤くなっていない足を選んで、片足だけでさらに2分間足湯
をします。その際、さし湯をして、お湯の温度を上げておきます。
そうしてその後、タオルでよく拭きます。

 

1日の終わり、帰宅してから、自分の足を触ってみましょう。
冷えていたり、「今日はちょっと冷えたな~」と自覚があるなら、足湯を行って
みると良いですよ。

特に、クーラーや冷たい飲み物の摂取による「夏の冷え」がやってくるこの時期、
ゆったりとした気持ちで、身体を温めてみてください。
身体を温めることは、本当に不妊体質にとって大事なことです。

本でも読みながら、のんびりと。
よろしかったら、足湯、やってみてください。


野田琺瑯(ホーロー) 取っ手付きたらい


 

こちらの記事もどうですか?
「妊娠」「出産」「不妊」に関する女性向け医療機関案内サービス 「Mocosuku Woman」
不妊の原因、なにがあるの?
不妊に効く?妊娠力を高めるための食べ物。

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です