妊活 不妊にも効果的なツボ押しをはじめましょう。

ツボ押し

不妊の大敵、冷えや疲れに効くツボをご紹介。
ツボ押しをお風呂あがりの日課にしてしまおう。

かんたんにできます。
手軽にできるツボ押しは、続けやすく効果てきめんです。

妊活には「ストレスをためるな、ゆったりした生活を」なんて
言いますよね。
でも、日々の暮らしのなかでストレス、疲れはどうしても
溜まりがち。

特に仕事をしていると、自分では「のんびり穏やかに過ごす」
ことはそりゃあ理想ですけども。
実際は理想とは逆で、イライラしたり、はぁ~つかれた、、なん
て言っていることが多いです。

そんな、不妊の大敵とされる疲れやストレス、冷えをやわら
げる効果のあるツボをご紹介します。

時間もかからずに手軽にさくっとできるので、できれば毎日
行うといいと思います。

わたしはお風呂あがりに血行が良くなった後、やってます。

 

3つの経絡が交わるツボ。三陰交(さんいんこう)
不妊の大敵、冷えや疲れに効くツボ。
三陰交 ツボ

内側くるぶしの一番出っ張った所に、小指を置き他の指を添
えます。
指が4本添えられた状態の一番上、脛骨(けいこつ)の際の所
に消化吸収の状態を示す脾経(ひけい)のツボがあります。

このツボが「三陰交」です。

子宮や卵巣が潤って良い刺激をもらえるようなイメージを
描きリラックスしながら、三陰交を少し強めにしっかりと
刺激してみてください。

冷えの他に生理不順や月経痛、あとは不妊や不正出血など
これらの婦人科疾患の全てに効果があるといわれます。

 

太谿(たいけい)。三陰交とあわせてマッサージ。
冷えに効果的。
不妊 ツボ

内くるぶしとアキレス腱の中間にある、太谿(たいけい)のツボ。
このツボを親指で押します。
太谿から三陰交まで、さすり上げるようにマッサージします。

 

足の裏にあるツボ、湧泉(ゆうせん)
冷え、筋肉疲労などの疲れをやわらげます。
不妊 ツボ

足底の中心よりも前の方、第2と第3の指の骨の間で、少しくぼ
んだところにあります。

三秒押したら3秒離す感じで、ニ、三回と刺激します。

太谿から三陰交、そして湧泉のツボを押していき、下から上に
股のあたりまでマッサージ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

以上、ツボ押しでした。

どうですか。ちょっとわかりずらいかな~。
イラストも載せてみましたが、伝わるでしょうか。

これらのツボを刺激することで、妊活にははずせない、「冷え」
「疲れ」をやわらげる効果が期待できるそうですよ。

私はこれをやり始めてまだ1ヶ月足らずですが、冷え性が改善され
てきたような気がします。
お風呂からあがって、ツボ押しをするとかなり温まってポカポカ
です。

ツボ押し、良いですよ!
良かったらやってみてください。

それぞれのツボのもたらす効果を載せておきます。
三陰交 ‥ 冷え、生理不順、生理痛、更年期障害、精神的スト
レス、疲れ
太谿  ‥ 冷え、太谿のツボの流れ道である「腎経」
(脚の内側、お腹の中央付近を流れる道筋)の冷え、痛みやこり
など
湧泉  ‥ 冷え、歩き疲れ、立ち疲れなどの筋肉疲労。背中、
腰、お尻の筋肉疲労など。

 

 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です