夏、冷えている現代女性の冷えとり養生法 6つをご紹介。

夏 冷え

「現代女性は冷えている」

「冷え」といえば冬のイメージが強いと思います。

でも、実は夏こそ冷たいものを摂りすぎる故に冷えを引き起こしやすいんです。

 

夏は冷えに鈍感になりやすい

夏は、本来は日差しが暑く身体も熱されるので、冷えには無縁に思えます。

ですが、現代の暮らしだとオフィスでは常にクーラーがかかり、コンビニでは冷えたペットボトル飲料、どこかお店に入れば氷がたっぷりと入った飲み物をゴクゴク飲むのが日常です。アイスも夏にはかかせません。

そんな日常が続くと、体内の陽気が不足して夏でも強い冷えを感じてしまうのです。

冷えはひどくなると病気にもつながりかねません。かんたんに取り入れられる、冷えを取る食事や方法を6つご紹介します。

 

 

夏の冷え
1. フルーツや生野菜のとり過ぎに注意
生野菜や果物は身体を冷やします。女性はサラダが好きな人が多いと思いますが、できれば避けるのがベターです。
食べたいのであれば、温野菜や冷蔵庫で冷やしたものではなく常温にした生野菜を食べるなどのひと工夫をしてみてください。
また、夜よりは身体が活動している昼に食べる方が体への負担が少ないそうです。
スムージーなども流行りですが、ほどほどに。

 

夏の冷え
2. 常に冷たい飲み物はNG!
普段の飲み物をまずは見直してみましょう。外食等で飲み物を頼むと、氷がたくさん入ったジュースやカフェラテなどが当たり前に出てきます。
でも、ちょっと待って。これを当たり前にしないで、「氷なしで」の一言を習慣に取り入れてみてください。
夏だからと冷たい飲み物ばかりではなく、昼は冷たい飲み物を飲んだから夜は暖かい飲み物を、など冷たいものをとりすぎない工夫が大事です。

 

夏の冷え
3. スパイスをうまく使おう
スパイスの中には身体を温める作用を持つものがたくさん。オススメはシナモン、こしょう、しょうが、山椒など。料理にちょい足しすると効果的です。
シナモンやしょうがは紅茶やミルクなどの飲み物にも合います。思いついたら気軽に摂ると良いですよね。黒糖しょうがミルクなんかも美味しくてお勧め。

 

 

夏の冷え
4. 水分のとりすぎに注意
暑さやダイエットのために水を意識して摂る週間が流行りです。ですが、冷え性のひとは水分を摂りすぎると水毒がたまり身体を冷やすことになります。
日本人は主食であるごはんに水分が入っています。お味噌汁も飲むと、意識しなくても水分を採っているもの。
若い女性に多いですが、常にペットボトルを常備して水分を摂ることはしなくても大丈夫なんだそうです。

 

006
5. お酒、ビールはほどほどに
お酒も、やっぱり冷たいものは極力控えるべきです。冷たいビールは美味しいのですが、ビールよりはお湯割りやワインなどがお勧めです。
夏は梅酒を自宅で作ってお湯割りなんかも良いですよ。身体に良いとされる養命酒もお湯割りにしたりすると美味しくておすすめです。

 

004
6. なるべくお風呂につかる
夏は暑いのでシャワーでて早くさっぱりと済ませたいもの。でも、しっかりと湯をはり湯船に浸かることは冷えにとって大事です。
また、陳皮(干したみかんの皮)やカミツレやハッカ、トウキなど、生薬エキス入りの入浴剤を入れると冷え解消の入浴効果が高まります。
陳皮はみかんの皮を干せば自宅でつくることも可能です。

いかがでしょうか。夏に冷えをとる方法を紹介しました。

冷えとは。薬膳でいうところの未病。
「未だ病にならざる」の意味で、病気ではないものの、しかしそこには病気を予期している意味が含まれています。

現代女性は知らず知らずのうちに冷えやすいからこそ、意識して身体を温める習慣をもてると良いですよね。

参考にしてみてくださいね。

こんなカミツレエキスの入浴剤で冷えにもリラックスにも◎


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...