男性不妊 乏精子症、精子無力症など

妊活

妊活

妊活で知っておきたい。男性不妊の原因である乏精子症、精子無力症など。

男性不妊の症状をまとめました。
これから妊活をしようという女性、男性も知っておくと良いかもしれません。

 

乏精子症
乏精子症とは、精子の数が少ない症状のこと。
通常は精子の数が1ミリリットルあたりに対して6000万~8000万個だと
いわれますが、1ミリリットルあたりに対して2000万個未満の状態だと
該当するようです。

精子の数が少ないと、精子が卵子まで届きにくくなり、妊娠に影響を及
ぼします。
乏精子症は、男性不妊の原因としてもっとも多いようです。

 

精子無力症
精子無力症とは、精子の運動率が低下した状態をいいます。

正常な精子では、だいたい70~80%以上の運動率です。
精子無力症も軽度・中等度・重症度と分けられます。

運動率に関しては、軽度は50%程度、中等度は20~40%、
重症度は10%以下の状態のこと。

精子の運動率は、精液を物理的・化学的に処理することに
より、かなり改善することはできますが、中等度~重症度
の精子無力症ではあまり効果は期待できません。

 

性機能障害
性機能障害は、EDや射精障害などが挙げられます。
デリケートな問題だけに、改善は簡単ではないことも多い
です。

いずれの症状も、程度によっては、人工授精や体外受精、も
しくは顕微授精を視野にいれることを考えることも必要です。

20代~40代の青年男性で、これらの男性不妊の症状をもつ割
合が昔に比べて増加傾向にあることが知られます。

原因は、環境の変化だそう。
環境ホルモン、食生活、ストレスやタバコなど、さまざまな
悪影響が重なりあい、精子に問題を起こしていると考えられ
ます。

これらの症状は、精液検査で調べることができます。
妊活をはじめてみて、「もしかして不妊?」と思うのでしたら
男性と女性の両方とも検査を受けてみることが大事です。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です